荷造り

レンタカーを使い自力で引越しをするための準備を見ていきましょう。まずは荷造りのために必要なものを色々と揃えていきます。引越し業者に頼むと業者が揃えて持ってきてくれるものですが、自分でも揃えることはできます。まず梱包に必要になるのが1か月分ほどの古新聞、ダンボール箱、ガムテープ、荷造り紐、マジック、軍手などです。

 

 

ダンボール箱は大きいものと小さいものの2種類があると便利です。大きい箱には軽いもの、小さい箱には思いものを入れます。ダンボールがいっぱいになるまで中身を詰めるのではなく、多少の余裕を持たせて1人で楽に運べる重さにとどめておくことが運搬作業を楽にするコツです。またひと箱を重たくしてしまうと、積み重ねた時に下の箱が潰れてしまう恐れもあります。

 

 

マジックも黒と赤の2色があると便利です。黒は中身のメモを箱に書くのに使い、赤はワレモノ注意や天地無用など中身を守るための注意書きを書くのに使います。

 

 

荷造りは普段あまり使わないものから詰めていき、日常的に使うもの、引越し直前まで必要になるものは最後、引越し当日に荷造りをします。また積み込む時にもすぐに出せるように分かりやすい場所に置いて埋もれないように注意をしましょう。

 

 

タンスなどの家具は、中身を出してダンボール箱に入れて運ぶことが基本です。いちいち出して梱包することは一見手間ですが、中身を入れたまま運ぶのは至難の業。安全のためにも衣類以外は出して運ぶことをおすすめします。